医療法人社団清仁会 | 膠原病・腎臓病の専門施設です。その他消化器科・整形外科・肝臓病・糖尿病・心臓病・呼吸器病の専門外来も対応可能。

アーカイブ 放射線科画像診断センター長の独り言

  • HOME »
  • アーカイブ 放射線科画像診断センター長の独り言


.

 

放射線科画像診断センター長の独り言   No.120191月)

日本人の死因    

 昨年5月から本院に勤務しております佐藤功(さとうかたし)と申します。放射線科医として、放射線画像の読影を担当いたします。今まで放射線科医として、主として胸部疾患、すなわち呼吸器疾患に関する画像診断や核医学や気管支鏡による診療、あるいは疾患の基になる病態や解剖の研究をして参りました。そうした中で呼吸器の疾患やそれに関係する諸々のことで気の付いたこと、感じたことをこのホームページの小欄を借りてつぶやいてみたいと思います。

 まず第1回目。

 日本人の亡くなる原因、つまり死因の第一位は何かご存知でしょうか。多くの方がご存知、あるいは感じていらっしゃると思いますが、悪性腫瘍、癌です。毎年30万人台後半、40万人に近い方々が亡くなっています。その中で第一位、最も多くの方が亡くなるのが肺癌で、7万人以上の方が亡くなっています。中でも男性で第一位、女性では大腸がんに次いで第二位となっていて増加傾向にあります。繰り返して申し上げますが、この数字は毎年のことです。癌になる数、罹患数になると男性では胃癌、女性では乳癌、男女を合わせると大腸癌ですが、亡くなる方の数となると上記の通り、肺癌が多くなっています。

 それでは香川県では肺癌で亡くなる方の数ですが、毎年600人以上となっていて、これも徐々に増加傾向にあります。

 ちなみに交通事故死亡者数をみると、昨年1年間では全国で約3,500人、香川県内で48人と、少しずつですが減少傾向にあります。いかに肺癌で亡くなる方が多いかというのがお分かりいただけたものと思います。

 先ほど申しましたように癌になるのは胃癌、乳癌、大腸癌が多いの比べて、癌で亡くなるのは肺癌が多いのはなぜか。これは検診や医療機関への早めの受診をするか否か、ということに関係しているのではないか、と思います。バリウムや内視鏡による検査、マンモグラフィーや超音波による検査を定期的、あるいは早めの医療機関の受診が広まっているように感じています。

 肺癌では胸部X線写真(いわゆるレントゲン)による検査もありますが、CTによる検査も行われます。1901#1オランダ風車

風車

アムステルダム郊外、オランダ




.

放射線科画像診断センター長の独り言  No.220192月)

肺癌ってどんなもの?   

 肺癌に限らず、癌の進行度、いわば癌の進み具合に関して、巷で、若い人の癌は早く、年寄りの癌はゆっくり、だと聞いたことがあります。ところがこれは全くの誤りです。同じ臓器の癌でも種類と、その癌の時期、これを病期と言いますが、それらによって進行速度は異なります。

 肺癌について若い人で進行が速いということでは、20歳くらいの女子学生で肺癌になった方がいらっしゃいました。この方は進行が早くてお亡くなりになりました。しかし若くてもゆっくりの方もいらっしゃいます。31歳の女性で健康診断の胸部X線写真で異常陰影をチェックしました。直接お話を伺いますと、以前から肺炎で影がある、と言われ、以前の胸部X線写真を比較してみたところ、25歳の時から毎年撮影され、1年ごとに徐々に大きさを増し、6年間では明らかに増大しています。気管支鏡で肺癌との診断の元、左肺の下半分、下葉切除術が施行されました。現在、50歳台半ばで、お元気に仕事を続けておられます。

 どの臓器の癌でもいくつかの種類がありますが、肺癌はタバコの影響があるともいわれ多くの種類があります。その中で、腺癌、扁平上皮癌、小細胞癌、大細胞癌の四つが代表でしょう。そして肺癌のうち半数以上は腺癌で、次に扁平上皮癌が続き、小細胞癌や大細胞癌は少なくなってきます。

 この中で腺癌では進行がゆっくり進行する場合があります。上に述べた31歳で左肺の下葉切除の女性も腺癌でした。一方、小細胞癌は進行が速く、転移もしやすいことがあります。これらの肺癌の発生する場所も特徴があり、腺癌は肺の末梢、すなわち肺の奥の方であるのに対し、扁平上皮癌や小細胞癌は中枢気道、すなわち肺の入り口の気管支に発生します。しかし近年、扁平上皮癌は肺の末梢で発生することが多くなっています。

 肺癌と言えばタバコとの関連が指摘されます。上に述べた左下葉の腺癌だった方は非喫煙者ですが、タバコを吸わない、特に女性の肺癌は多くが腺癌です。以前、腺癌はタバコと関係がない、とも言われましたが、やはり喫煙者に多いことも分かっています。扁平上皮癌は喫煙者に多く、小細胞癌はほとんどが喫煙者です。

 なぜ末梢発生の癌が多くなったか。これはタバコにフィルターがなかった頃は、煙がきつくていっぱい吸えなかったものの、フィルターのタバコが増えて刺激も少なくなって煙をめいっぱい吸うため、とも言われます。扁平上皮癌での中枢発生が減少し、末梢発生が増加しているのは日本だけでなく世界的な傾向です。

 喫煙者が肺癌になるリスクはタバコを吸わない人に比べ、男性で4.4倍、女性で2.8倍と高くなると言われます。またタバコを吸わない人でも他人のタバコの煙を吸う、受動喫煙でも肺癌になるリスクは高くなります。1902#2ジャスパー、カナダ

 

 

ジャスパー、カナディアンロッキー、

カナダ

 

PAGETOP